0

2018.9.24

SRJ日本速脳速読協会のバックアップを受け、静岡県東部の速読導入塾が力を合わせて行ったイベント。
速読甲子園富士山カップ & 藤原和博先生講演会

大盛況の内に終わりました!

 速読導入5年のキッズイングリッシュが事務局となり「日本初の速読甲子園地方大会」ということで、なんとなんと北は札幌から南は福岡まで多くの塾の先生方が応援に駆けつけてくださいました。

これには訳があり。。。
実は過去3年間 私は「小さな英語教室の挑戦」というタイトルで 東京 札幌 大阪 横浜 那覇 福岡 静岡 茨城と、全国で10回ほど講演会活動をしておりました。 小さな地方個人塾であっても、 ICT を利用して全国レベルの教育を施せること、生徒達の興味と学ぶ楽しさを引き出していること、そしてその効果が実績となっていることを認められ、多方面より講演依頼をいただいておりました。

そんな訳で、ありがたいことに、全国の教育熱心な熱い思いを持った塾の先生とのネットワークができた訳です。

今回集まってくださった先生方は塾長レベルの優秀な方ばかり。みなさん。。。忙しい中自腹を切って集まってくださいました。 それほど! 貴重な機会だった訳です。(笑)

IMG_8717.jpg

この素晴らしいネットワークとご縁を繋いでくれているSRJと、いつも現場の事を大事に考えて下さっている堀川社長に本当に感謝しています。

スタッフはなんと総勢40名。卒業生達も手伝いにかけ馳せ参じてくれました。
協力者がたくさんいたことで、来場してくれる皆んなに楽しんでもらおうと、速読体験・プログラミング体験・Photo Booth・進学相談・iPad で英語・サイン会などホワイエのブースも素晴らしい展開ができました。

集まった先生方、生徒のみんなの頑張りや成果を目の当たりにして、とても驚いていらっしゃいました。静岡の子達はすごい!!と! そして熱い思いで各々の塾に帰って行って、更に熱くなって! この富士山カップを指導の励みにしてくださっております。
改めて、このような機会を与えてくれた、キッズイングリッシュの生徒のみんなに感謝したいですし、親御さん達の理解と協力に心から感謝を申し上げます。
ありがとうございました!

普段生徒達はオンラインで全国の速読生と切磋琢磨しておりますが、このような形で実際生徒達の処理能力の高さやトレーニング成果を見ていただけた事で、保護者の皆様にも速読の面白さをご理解いただけた機会となった事を嬉しく思います。藤原先生のお話でもありましたが、今後求められていく情報編集力。 先日このような記事を見て、本当に今 時代がどんどん変わっているなぁ!! と 思わずにはいられませんでした。
https://ict-enews.net/2018/09/11lacicu/

実際、キッズイングリッシュの高校生の中にも、学校外での活動をSNS を通じて活発にして、すでに文科省の仕事の一端を担っている生徒もおります。 英語力とICT の活用力は本当に世界を広げるなぁ〜〜! と。 変わりゆく時代とその可能性にワクワクしております。

これからも これからの時代に生きる学生達の力になるような教育をしていきたい。そして同じ思いを持つ教育者達と一緒に最善策を模索していきたい。 教室開設20年。 成人を迎えたキッズイングリッシュの新たな誓いの日になった 9月24日(祝)でした。

藤原和博先生という これ以上望めないようなビッグゲストと一緒にできたイベント。キッズイングリッシュの歴史の1ページなりました。

みなさんからいただいた写真をアルバムにいたしました。

ぜひご覧ください。
富士山カップアルバムアルバム

今回 富士山カップで入賞した生徒さんのポイントです。

これからのトレーニングの目標にしてください。そして越えてください!
恥ずかしいから出たくないな。。。って 言っていたみんな。
終わってみると 「また来年もやりたい! もっと速くなりたい!!」と
口々に言ってくれていて、トレーニングをすごく意識して頑張っています。

10月18日(木)に今年の速読甲子園の結果が発表されます。

2016・2017年度と静岡県1位 全国10位台という結果が出ていますが、今年はどうかな。

かけ算混合では 2位 3位に小学生女子が入賞してくれたことがとっても嬉しかった。

さぁ! 速読導入 6年目に突入。 世代交代!!です。

来年のヒーローは 誰だ!?!?
速読王

速読甲子園富士山カップ

【かけざん混合】

1位:1066ポイント

2位:921ポイント

3位:753ポイント

【あみだくじ】

1位:6709ポイント

2位:5513ポイント

3位:5467ポイント

【ドッツHARD

1位:4693ポイント

2位:4449ポイント

3位:4365ポイント

【速解力チェック】

1位:1412ポイント

2位:1278ポイント

3位:1265ポイント

最後に ✨✨Special Thanks✨✨

今回のイベントに向けて、お2人の方に特別な感謝を述べさせていただきます。

このお2人は

自身の人生の最大のイベント をそれぞれ抱えてらっしゃる中、このイベント成功の為に尽力を尽くしてくださいました。

先ずは静岡市でこの9月にnovita ミライノスクールを開校された内田先生!

9/22に開校イベントに行って来ましたが、もう!その名の通り、ミライノスクール。でも全て手作り!先生こだわりの想いがあちらこちらに散りばめられていて。静岡にこんなステキな塾が出来たんだ❗️と、本当に嬉しい気持ちでいっぱい。

英語 プログラミング を軸に 速読 計算(ソロタッチ) が国語力と計算力を支えます。

内田先生は元々デザイナーさん。速読は新しく開校する教室のコンテンツの一つとして導入。現在小学一年生のお子さんを持つ内田先生は、これからの教育のあり方に凄く興味と意見を持たれていて、ずっと藤原先生に注目していたそう。STEM教育 (いや、内田先生が目指すのはSTEAM教育でしょうか。)は自分で展開していこうと、開校を決意。自分の子供に受けさせたい教育を選んで行くうちにSRJと速読を契約。(ここの思いが全く一緒)

契約をしたタイミングに、今回の企画を本部から聞いて、いち早く企画から参画したい!と自ら名乗り出てチームに参画くださいました。

初対面から度肝を抜かれました!「なんだ⁉️この頭の切れる人は⁉️これは神さまがこのタイミングで出会わせてくれた神さまからのメッセンジャーに違いない‼️‼️」 と、気分はアルケミストな私でした。😊👍

本当に強力な助っ人で、チラシ ポスター チケット 特設ホームページ プレスリリースなど、主要な準備を全て一手に手がけてくださり、本当に感謝しています。内田先生の力なしには、今回のイベントの成功はありえなかったと言っても過言でありません。

仕事のスピードとセンスに本当!惚れ込みました。novita という教室名は、イタリア語で新しいと言う名前だとの事ですが、奥様がしずかちゃん。だから先生も本名竜太ですが、みんな のび太 さんって呼びます。笑

のび太氏 左 SRJ 堀川社長と同じ歳❗️とわかり、大盛り上がりの図。😂

内田先生。本当にありがとうございました!これからもよろしくお願いします。

そしてもうひとかた😊🎉

結婚式 を控えて居ながら、全面的にバックアップをしてくれた SRJ 秋山和沙さん。 日本速脳速読協会のベテラン社員さんです。

社員だから当然?だと思うかも知れない。でも今までやったことも経験した事も無いような仕事を当然社長やクライエントから依頼されたら…

彼女はどうせやるなら、良いものにしましょう❗先生たちや、️生徒達のヤル気に繋がっていくものを❗️と一緒になって迅速かつ丁寧に一つ一つ対応してくれました。最後には黙って「台本作っておきました!」 と、会の意図をこぼさず、貴重な機会をピリッとしっかりまとめてくれた時には、本当に涙がでました。ありがとうね。

 

私の自由な頭の中を、しっかり受け止めて現実社会にアダプトしてくれる、本当に頼り甲斐のある方。

他にも感謝を述べたい人が沢山 沢山!この感謝の気持ちを行動にまた移していきます。

こうやって、理想の教育を追い求め、未来に想いを馳せつ、今を楽しむ人たちと仕事が出来て、本当に幸せで楽しかったです。❤️

ありがとう😊

2018 10月

広告
0

速読効果に 思うこと。

中学生の女の子

速読を始めて1年と3ヶ月。
朝読書の時間に同じ本を同じ日に読み始めた一冊。

友達が1冊目の半分。 私、2冊目の半分!
「速く読めるようになって 嬉しいよ〜〜」

活字を読むのが嫌いで、面倒くさ〜いというタイプだった子。
中学入学と同時に買ってもらったスマホいじりに夢中で、LINEばっかりだったけど
今では本を読むのが楽しいとさえ 言ってくれる。

速読トレーニング中は、普段はおとなしいのに、特に記号・数字系の識別トレーニングが得意で、同級生の男の子をギャフンと言わせるのが楽しみで仕方がないみたいな様子。
どや顔の仕合いが面白い。

はやり速読始めるなら、小5・6がベストだなぁ〜〜と 生徒たちを見ていて思う。

”トレーニングしている箇所を意識してできる” から。

『今日は これ。やるか!」 で 自分をコントロールできてくる年齢。

特にいいなぁ〜と思うのは、
一気に読む量が増える 中学入学前半年と
受験の気合をいれるなら、中3の夏から。

受験前に一問でも多く問題を解かせたい!と思う先生の気持ち。もある。
でも、速読を身につけた子は、2倍の速さで読めるようになれば、処理能力が2倍。
問題を解く速さがぐん!と速くなる。
同じ一時間で、倍の量の勉強ができる計算になる。

冬休みに 大勉強会をした時に、他の塾の先生に理科・数学を見てもらったけれど、生徒たちのことをうんと褒められてすごく嬉しかった。

「みんなよくできるね〜〜!!いやぁ。できがいい!!集中力がすごいなぁ。
羨ましいぃぃぃ!!」

中学生の普段の授業も 集中のオンとオフの切り替えがすごく気持ちいいクラスになってきてる。勉強してゆるめる。 時間の余裕が生まれるから、お楽しみも盛り込める。
各学年、学内トップが3学年ともいるって なかなかすごい環境になってきたし、10位以内だという子も多い。

これ。

速読効果大だと確信している今日この頃です。

0

速読甲子園 結果

7月から9月にかけて、日本全国の速読導入教室と日本一を競う“速読甲子園”と言うイベントが催されていました。

『速く、深く、正確に答える』日本一を競い合う全国大会。

昨年の10月から速読トレーニングを始めたキッズイングリッシュは、初年度にも関わらず、団体戦では県内2位  全国1176教室 の中で48位と大健闘でした!

速読甲子園結果は こちらから見られます☆

そして。。。

夢のようなのですが、個人戦で中学2年生の井上拓君が、なんと! 全国中学生の中で5位。 中学2年生の部で2位の銀賞に入賞!!!

まさか表彰台に上がる生徒が出るとは! 本当に驚きです。
本人もそれはそれは・・・驚いていますが、きっと あの表彰式に行ったら、事の重大さがわかるかな。 笑

朗報を聞いて、急遽保護者様がお祝いにクラスのみんなにケーキを振る舞ってくださいました。
みんなで井上君の快挙をお祝いです!
ライバルであり 友であるクラスメートを こんな風に讃えられるみんなが すごく素敵。
最高の 自慢の中2 クラスです。


11月9日(日)に表彰式が早稲田大学 大隈記念講堂にて11:00〜13:00に行われ、光栄な事にご招待をSRJ 日本速脳速読協会からいただきましたので胸を張って。行ってきます!

10351911_345309872316749_8850949626374452522_n
この一年で飛躍的にみんな速読力がついているなぁ〜と思います。
以前SRJ主催の速読のイベント会場で、ゲストの茂木健一郎先生が『勉強?どこでするの?いま(居間)でしょ!!』と言ってらっしゃいました。静かな環境で勉強するよりも、雑音がある部屋で勉強する方が、脳に負荷がかかり、より集中力が鍛えられるそうです。 そう。 “集中力” 大きなキーワード。
最初は10分座っているのが苦痛な子。長文を読む事を最初から諦めていた子。目に映るものに次から次へと思考が移ってしまう子。 そんな子達が特に速読トレーニングで落ち着いてくるのがわかります。

うちの教室はものすごーーーく賑やかな(うるさい)英語の授業のすぐ隣で速読のトレーニングをすると言う・・・相当負荷が大きい場所。。。 これが幸いしているのか!?! 速読トレーニングになると、スイッチがON! 状態で、周りが気にならなくなるようです。すごい集中力。
そして、友達と一緒にゲーム感覚でポイントを競い合う。 すごく楽しそう。

楽しみながら学ぶ。 子供の特権ですね!

来年に向けて。 またスタート。  速読2年生の キッズイングリッシュ。 いつも応援ありがとうございます!